乳がん検診

疑問は迷わず専門医へ

異常がなくても1年に1度は、定期乳がん検診の習慣をお勧めします。

乳がん検診には、なによりもマンモグラフィや超音波(エコー)検査などの画像設備が整っている検診機関を選ぶ方が良いです。 さらに治療に進む場合は、乳がん専門医のいる医療機関で受けることが大切です。

乳がん検診で行う具体的な検査

問診で症状などを確認した後、視診、触診、超音波検査とマンモグラフィをします。

しこりは超音波検査で発見されやすく、早期の乳がんで見られる微細石灰化はマンモグラフィでしかわからないことが多いです。 2種類の画像検査を受けることで、より正確な結果がわかります。

特に、若い人や出産経験の無い人は乳腺が発達しており、マンモグラフィでは鮮明な画像が撮りにくく、超音波検査と組み合わせる方がより良いです。

問診
しこりや痛みの有無、最終月経日、初潮の時期、妊娠・出産の有無、病歴、家族にがんにかかった人がいるかどうか等を質問します。

視触診 
しこりの有無、皮膚のひきつれ、くぼみ、分泌物の有無などを乳房から脇の下にかけて、まんべんなくチェックします。

超音波(エコー)検査
乳房にゼリ-を塗り、超音波をあて、反射して返ってきた音波をその場で画像に映すことで、小さなしこりでも見つけることができます。 また、具体的なしこりの大きさがわかります。 検査時間は約5~10分です。

マンモグラフィ
乳房専用X線撮影装置です。 圧迫板で乳房をはさみ、薄く均一に伸ばしてから上下、斜めから撮影します。 撮影時間は約5分です。 乳がんで見られる微細石灰化の発見に有効です。 ただし超音波検査との併用が望ましい。

乳がん検診費用
自覚症状のない方 検診セット:11,000円(自費診療)
視触診、乳腺超音波(エコー)検査、 マンモグラフィ(両側2方向撮影:計4枚)
※念のため、保険証を持参してください。
自覚症状のある方や他の院で精密検査するようにとの指示を受けられた方は、健康保険が使うことができ、保険診療で検査ができます。
この場合は、保険の割合による負担金になります。