医院紹介

当院の診療案内

たかはし乳腺消化器クリニックは、2005年1月に、関西地域でもアクセスが便利な大阪の上本町に開院いたしました。

乳がん検診と共に乳腺疾患の診察・検査・治療を専門的に行っております。  また、最先端のマンモグラフィを導入し、より安全でより確実な乳がん検診と乳腺外来に努めております。

※乳がん検診は(月)から(土)まで毎日行っています。
※平日になかなかクリニックに来院できない方、お仕事でお忙しい方のために、胃カメラ・大腸カメラ検査は土曜日に行っております。

また、乳腺エコー・乳腺の細胞診・組織診検査による乳房のしこりが良性か悪性の診断、さらには乳腺炎・乳腺膿瘍の手術も行っております。  大阪市外の方、大阪府外の方、また、関西圏以外の方もお気軽にご相談ください。


視診・触診のみよりも、乳腺エコー検査とマンモグラフィを併用することで、より小さなしこりが見つかり、より正確な乳がん検診・乳腺検査が可能となります。
(一般的に、視触診のみで見つけることが可能なしこりの平均サイズは2.25cmです。)
しこりがあるなどの症状があってもご安心下さい。
しこりが良性・悪性かどうかしっかりと診断行い、以降の治療をサポートいたします。

症状がある場合や他の医療機関で精密検査の指示を受けられた場合は保険診療となりますが、症状がなかったとしても乳がん検診を受けられることをおすすめします。

ご挨拶

ご挨拶

医院紹介 乳腺・消化器を専門として約20年間修練してまいりました。
20年もの医療の現場で、患者様の病気に対する不安、検査に対する不安、医師や技師に対する不安などが、患者様にとっていかに大きなもので
あるかを日頃より感じる機会が多々ありました。

乳房の診察にこられた患者様の羞恥心は計り知れず、また肛門診察や大腸内視鏡検査を受けにこられた患者様の、他人の前に自分のお尻をさらけ出すことの羞恥心も同様にかなりのものです。  特に大病院では、患者様の診察にあたる医師と検査を行う医師が異なる場合も多く、患者様にとっては複数の人間に自分の恥ずかしい部分を診てもらわねばなりません。

こういった患者様の不安を少しでも解消できるようにと考え、暖かさを感じる環境のもとで患者様のプライバシーが保護できて、不安をできるだけ少なくできるような乳腺と消化器を専門とした当クリニックを開院いたしました。

当クリニックでは、私自身が診察をし、検査を行い、また治療までを一貫して行います。  近年、乳がん患者数は増え続けてきております。  それに反して乳腺を専門とするクリニックの数は非常に少ないのが現実です。  一人の専門医に一貫して診てもらいたいという患者様にとって、期待にこたえられるようなクリニックづくりをおこなっていきたいと思います。

院長プロフィール

 

院長 医学博士 孝橋 慶一

日本外科学会・日本消化器外科学会・日本臨床外科学会・日本内視鏡外科学会・日本大腸肛門病学会・日本乳がん検診学会・日本乳がん学会
日本外科学会認定医・日本外科学会専門医・日本消化器外科学会認定医
NPO法人マンモグラフィ検診精度管理委員会公認読影資格取得


略歴

昭和52年4月 大阪市立大学 医学部入学
昭和58年3月 大阪市立大学 医学部卒業
昭和59年6月 京都大学医学部附属病院 外科 研修医
昭和60年4月 NTT西日本京都病院 外科医員
平成2年4月 京都大学大学院 医学研究科博士課程 入学
平成2年~3年 ドイツ ハノーファー医科大学留学
平成6年3月 京都大学 大学院 博士課程 修了
平成6年1月 大和高田市立病院 外科 医長
平成11年4月 関西電力病院 外科 副部長
平成15年7月 大阪北逓信病院 外科 医長
平成17年1月12日 たかはし乳腺消化器クリニック 開院
平成17年 NPO法人マンモグラフィ検診精度管理委員会公認読影資格取得

院内の様子

 img_menu03_1.jpgたかはし乳腺消化器クリニックへ ようこそ!
 img_menu03_2.jpg入り口です。
 img_menu03_5.jpg入口を入ってすぐです。
 img_menu03_3.jpg診察から治療まで一貫しておこなえるよう、十分な設備をご用意しております。
 img_menu01_1.jpg受付・ロビーです
 img_menu03_4.jpgマンモグラフィ検査を行う機器です。