乳腺症について

乳腺症とはどんな病気?

乳腺症とはどんな病気?

35歳~45歳ぐらいの女性によく発症する良性の乳腺疾患で、ホルモン環境のバランスの悪さがみられます。

どんな症状があるの?
自発痛・圧痛(生理前に症状が強く増す)
硬結(生理前に症状が強く増す)
時に乳頭からの分泌がある

乳腺症の頻度は

乳腺外来受診者内訳

なぜ乳腺症になるの?

なぜ乳腺症になるの?

・女性ホルモンのバランスが悪い(相対的に、エストロゲンが過剰の場合)
・エストロゲンレセプター感受性が増える

 発症の割合

・妊娠・授乳中は発症しない
・閉経後急減する

乳腺症の治療の方法

 乳腺症の治療方法

ホルモン療法の適応について

・乳房の激しい痛みが続き、日常生活に支障をきたす場合。
・乳房の硬くなり、がんとの鑑別が困難な場合。